哀れ!ズッキーニ組! もっと光を!!

 ピーマン・とうがらし組に先がけて、3日で発芽したズッキーニ組。ビニール袋で保温して、しっかり育つ予定でした。蘭の棚は全体に大きなビニール袋をかけていて、湿度は50%以上、温度は常に15℃ぐらいに保たれています。お天気の良い昼間は25℃近くまで温度が上がりますが、ズッキーニ組にはちょうど良い環境だと信じて、私の注意はもっぱらピーマン組に向けられていました。(これがイケナイんですよね、いつも)

 ふとズッキーニ組の様子を見たら、せっかく本葉が出てきているのに茎が徒長しています。その上、葉っぱが腐って茶色くなっているものまであります。うわぁーっ、やっちまったー!!!

ズッキーニ-ふにゃりと伸びて

 

立ち腐れの苗も

 日照不足、温度と湿度の高さに堪えられなかったのでしょう。涙、涙。

 まあ、ズッキーニを発芽させるのは、さほど難しくないし、40日ぐらいで植え付けられる状態になるそうですから、3月中旬か下旬に種まきと保温育苗で育てることにします。しかし、貴重な種を無駄にしてしまったのは痛い。

 

 また一つ、教訓。洋蘭の好きな環境が野菜の苗に良いと思ってはイケナイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です